住宅

ねずみ駆除は業者への依頼が効率的!│放置すると様々な面で危険です

毒エサ使用の注意点

作業員

ねずみが自宅に数匹しかいない段階では、自分で駆除することも可能だと思います。しかし、ねずみ駆除の際には、いくつか注意が必要です。特に、小さなお子さんがいるご家庭やペットがいる場合は、駆除方法を工夫する必要があります。代表的な駆除の方法として、毒エサをまくという手段が存在します。しかし、このねずみ駆除の方法は子どもやペットが誤食してしまう可能性があるのです。毒エサといっても様々な成分から出きているので、どのような会社から販売されたかによって、その成分は異なります。そのなかには、人体への影響が強い物と弱い物があります。弱いからといって、人間が食べていいというわけではありません。体が弱い赤ちゃんなどが誤食すると、健康被害に陥ってしまう可能性があります。また、体が小さなペットなども毒エサを食べることで、危険な状態になることがあります。そのため、毒エサをまくときはいくつか工夫が必要でし。まず、毒エサをまく部屋は一つに絞る必要があります。それと同時に他の部屋にはねずみのエサになりそうな食べ物を置かないようにしましょう。そうすることによって、それらを毒エサがある部屋に集中さることが可能になり、効果的なねずみ駆除になります。また、駆除者は部屋を絞って把握しておくことで、子どもやペットが侵入しないように気を遣うことが可能です。万が一、子どもが部屋に侵入したときのことを想定して、毒エサそのものにも工夫が必要です。目につく場所に設置する場合は、毒エサにフタをしておくといいでしょう。複雑なフタだった場合は、子どもは開けることができません。ねずみが通れる隙間さえ空けておけば、十分にねずみ駆除になると思います。